ドラちゃば!

MMORPG「ドラゴンズプロフェット」のプレイヤーとその相棒ドラゴンたちによる、会話形式のブログ。 詳しくはこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第36話「人の殻」

※ストーリーの内容が含まれています。
※一部ゲームの内容とは異なる展開、異なった解釈があります。

第35話はこちら。

s-DragonsProphet_20150227_111308.jpg
あらぁ? サバサちゃんじゃないの。
隣りにいる女性は・・・まさかカノジョじゃないわよね。

あれ・・・この女性、どこかで見たような・・・。

s-DragonsProphet_20150227_111500.jpg
ああ! あの時の倒れていた女性か!
・・・え? ギガドラゴンの・・・一人?

s-DragonsProphet_20150227_111501.jpg
ギガドラゴンの魂を人の器にとはいえ、復活させたのか・・・?
サークス人・・・ロッキー・ディヤーク、恐ろしいヤツらだ。

s-DragonsProphet_20150227_111409.jpg
s-DragonsProphet_20150227_112316.jpg
s-DragonsProphet_20150227_112318.jpg
s-DragonsProphet_20150227_112324.jpg
(イリタール様は手助けしてくれるようだけど、人の姿で大丈夫なのだろうか・・・?)

なるほどねぇ、だからあの女、人間のような匂いがしなかったのね~。
あ、パンナちゃんが戻ってきたわよ。

s-DragonsProphet_20150227_112336.jpg
s-DragonsProphet_20150227_112418.jpg
もちろん協力しますよ。 これ以上好き勝手にさせるわけにもいかない。

・・・・・・。

その顔はワナなんじゃないか?って言いたげな顔だな。

違うわよ、さっきは実際にロッキー・ディヤークがいたわけだし。
ただ振り回されているのが気に入らないだけよ。

いつまでも逃げ切れるはずがないさ、必ずシャドーロウと共に捕まえる。





s-WS001313.jpg
すっかり暗くなっちゃったわね、大丈夫?

シャドーロウの作戦だ。 日中だと奇襲がバレやすい。
オレ達がまず中央のテントに突撃して、ロッキーを捕らえる。
万が一逃した時の為に、シャドーロウの人たちにはテントの入り口で戦ってもらうことになっている。

遂にロッキーを捕らえることが出来るのね~!! この時を待っていたわ!

よし・・・リビア、行くぞ!

s-WS001330.jpg
s-WS001351.jpg
もう逃げ場は無いぞ、ロッキー・ディヤーク!

s-WS001358.jpg
s-WS001416.jpg
これでもうアンタを守る部下も逃げるための囮もいないわよ!
いい加減、地獄に落ちなさいっ!!

s-WS001573.jpg
身代り・・・だと、クソッ!!
本物はもう既に神殿へと向かったのか・・・?!

・・・ロッキー・ディヤーク・・・覚えてらっしゃいよ・・・。
アタシは絶対、ゼッタイ許さないわ。

このことをサバサさんに早く伝えなくては・・・!

s-WS002069.jpg
s-DragonsProphet_20150227_114612.jpg
s-DragonsProphet_20150227_114621.jpg
ロッキー・ディヤークはドゥナール地下神殿へ向かったに違いありません!
急いで後を追いましょう。

s-DragonsProphet_20150227_114642.jpg

続く。



身代わりとはやってくれますねぇ、ロッキーさん。
あの手この手を使って逃げ回るのはいいけど、だんだんネタ切れしてきますぞ~!w

そして第33話で倒れていた女性が再登場しました、まさかのギガドラゴンさんです。
イリタールというと、イリタール城というお城がありましたね。 シャドーロウの本部があったところです。
これからどんどん出てきますが、ギガドラゴンの名前が地名になっていることが凄く多いですね。

何故イリタールの魂が人の殻に入ったのでしょう・・・それは次回わかると思いますが、そもそもその人の殻って、死人?それとも生きていた人を乗っ取ったの・・・?
そう考えるとちょっと怖いかも。

いよいよ次回はコルハラ編、最終回です。
デッドドラゴンの脅威を阻止することができるのでしょうか・・・!

Comment

Post

管理者にだけ表示を許可する

HOME : TOP



Monthly

にほんブログ村 ゲームブログ オンラインゲームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。