ドラちゃば!

MMORPG「ドラゴンズプロフェット」のプレイヤーとその相棒ドラゴンたちによる、会話形式のブログ。 詳しくはこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第6話「サミュエルの怒り」

※ストーリーの内容が含まれています。
※一部ゲームの内容とは異なる展開、異なった解釈があります。

第5話はこちら。

s-DragonsProphet_20141126_094502.jpg
昨日はうっかりラットマン叩きにハマって、時間かかっちゃったわね。
ちょっとしたおばけ屋敷にも行っちゃったし・・・。
さ~て、次は何をすればいいのかしら?

ペイアオ村長さんが、ここから東の小屋に協力者が待っているから行ってくれ、だってさ。
今回のラットマンの騒動や、ゾンビの謎について知っているらしい。
早速行ってみよう。

s-DragonsProphet_20141126_095134.jpg
s-DragonsProphet_20141125_180841.jpg
s-DragonsProphet_20141125_180841x.jpg
サバサさんの依頼で・・・! それはありがたいです。
パンナさん、よろしくお願いします。
それで、ラットマンやゾンビについての情報を入手したとのことですが・・・。

s-DragonsProphet_20141126_095159.jpg
えっと・・・いろいろあって記憶を失っているので・・・。
サークス人とはどんな人たちなんですか?

s-DragonsProphet_20141126_095159x.jpg
サークス人ってのはね、自由を愛し、ドラゴンと心を通わすことの出来るオーセラ人とは真逆のような存在よ。
ただのバカだったら良かったんだけど、ずる賢いのがタチ悪いのよねぇ。

なるほど・・・そのサークス人が、今回の一連の事件に関わっているのか。
サークス人が企んでいることを知るには、どうしたらいいだろう?

s-DragonsProphet_20141126_095316.jpg
ま、結局いつも通り暴れてやればいいワケね。

ドラゴンをパートナーに出来るオーセラ人ならでは、なんだね。
占拠された村のど真ん中で大暴れすれば敵は焦るはずだ、早速行こう。

s-DragonsProphet_20141126_095538.jpg
ぅぅ~~ヤダヤダ、悪趣味過ぎて吐きそうだわ。

グロテスクだな・・・しかし、こういう魔術にもサークス人は長けているのか。

s-DragonsProphet_20141126_095743.jpg
フェンちゃん、コイツがどうやらサークス人のボスよ! 逃がすもんかい!

黒ずくめの怪しいヤツもいるな・・・マリグナントか?
とにかく、一度パンナさんと合流して情報交換しよう。

s-DragonsProphet_20141126_101327.jpg
s-DragonsProphet_20141126_101350.jpg
先手を取られたか・・・。
オレたちが暴れ回っている間に、ラットマンに動きがあったらしい。

ちょっと~! そこはパンナちゃんしっかりしなさいよね!
合流なんか後回しにして、先にラットマンをとっ捕まえましょうよ。

勝手な判断で行動していいのかわからないけど、時間が惜しいね。
荷物を持っているラットマンが怪しいようだ。

s-DragonsProphet_20141126_102233.jpg
s-DragonsProphet_20141126_102233x.jpg
どう見てもコイツらの荷物、木材にしか見えないんだけど潜伏指令書があったようね。

このラットマンたちは、向こうからやって来たようだ。
この先は草花が一切無い荒野のようだけど。

s-DragonsProphet_20141127_101828.jpg
ああ・・・この先は「サミュエルの怒り」よ。
古い伝説があってね・・・この話、長いんだけど聞きたい?

知っていることなら何でも教えてくれ。
もしかしたら記憶が戻るかもしれないし。

わかったわ。

・・・大昔の話なんだけど、オーセラ人がこの地方のあちこちに村を作り、住み着いたことによって、先住のドラゴンたちとの衝突があったそうなのよ。
そのことを知ったサミュエルっていう偉大なドラゴンが、村という村を焼き尽くそうとした時、それを止めた少年がいたワケ。
サミュエルは7日間の猶予を与えたけれど、少年は現れず激怒。
再び村を燃やしてしまおうとするけど、遠くに少年の姿を見つけたの。
ただ、少年が何を叫んでいるのか聞こえず、近くまで寄らせたのが事件の始まり、突然サークス人の軍隊が奇襲をしかけてきたのよ。
実はその少年、サークス人に捕らえられ、舌を切られていたからしゃべれなかったみたいね・・・。
まあ、そんな奇襲なんて屁でもないサミュエルは、イーストシンパシーフォレストの東側を、サークス軍どころか草木も残さず燃やしつくし、少年はからくも生き残った。
サミュエルは、サークス人に拷問を受けながらも、村を救うため説得しようと尽くした少年に、心打たれたそうよ。
村人も、この出来事を忘れぬよう、いくつかあった村をひとつにまとめ、「ペイアオ村」と名づけた。
「ペイオー」っていう、勇気ある少年に敬意を払って・・・そんな伝承よ。

だからこの「サミュエルの怒り」っていう荒野は、激怒したサミュエルによって焼き尽くされた、悲劇の土地なのかもね。

・・・そういう伝説が残っているんだ。 リビアは詳しいね。

全部記憶を失う前のアンタから聞いた話だけどねぇ。
フェンちゃんはこういう伝承や資料を読み漁ってばっかりだったから。
いろんな説や訳し方があって、解釈も変わって面白い、てよく言ってたわ。

そうか、オレは研究者だったんだよな。
そんな伝承が残るこの土地、そしてペイアオ村が、サークス人に乗っ取られている現状こそ、悲劇とも言えるな・・・。

s-DragonsProphet_20141127_103406.jpg
この先、怪しい匂いがプンプンするわね。 入ってみましょ。

s-DragonsProphet_20141127_103439.jpg
あれ? パンナさんだ、先に来ていたのか。
オレたちが思っていたとおり、サミュエルの怒りに秘密があるらしい。

s-DragonsProphet_20141127_103507.jpg
s-DragonsProphet_20141127_103643.jpg
サミュエルじゃないけれど、こんな場所一気に燃やしちゃえばいいのよ。

それで解決出来ればいいんだけど、きっとそんな単純じゃない。
こちらもサークス人に対抗できる知識を身につけないと。
パンナさんは、セカンド薬剤を作るにはファースト薬剤が必要だけど、ファースト薬剤は希少なものだから洞窟の奥に隠しているはずと、推測しているみたいだ。
まずは、ファースト薬剤を回収しよう!

s-DragonsProphet_20141127_103750.jpg
怪しいものがたくさんあるわね。
その前に、ブサイクな赤いドラゴンがいるけれど。
小汚いラットマンや黒ずくめのゴミまでいるわねぇ~・・・。
これを全部相手にするのは嫌よ。

少し敵が多いね。
ラットマンはパンナさんに任せて、リビアはあのドラゴンを、オレは薬剤の回収と、マリグナントを相手するよ。

りょーかい、ヘマすんじゃないわよ。

s-DragonsProphet_20141127_104434.jpg
s-DragonsProphet_20141127_104524.jpg
s-DragonsProphet_20141127_104507.jpg
よし、ファースト薬剤を手に入れたぞ。
リビアの方も倒せたみたいだね。

s-DragonsProphet_20141127_104131.jpg
見てよこの醜い顔~。
コイツがサークス人に作られたドラゴンなら、やっぱりセンスを疑うわね。

このドラゴン・・・ヘモートを襲撃したドラゴンだと思うんだけど・・・。
あ、パンナさんも何かを見つけたらしい。

s-DragonsProphet_20141127_104752.jpg
レシピが分析されれば、どうやって薬剤が作られ、使用されていたか、そしてその対処法が見つかるはずだ。
管理小屋へ行って、アイリンさんに会おう!


続く。



基本的にストーリーのみ追っているので、記事ではあっさりしていますがクエスト往復の多いこと多いこと・・・。
かなり無駄削減して記事を作っているので、辻褄おかしくなっていたりしたら教えてください(笑)

そして一度まとめてみたかった、「サミュエルの怒り」の伝説!
相変わらず翻訳が意味不明なところがあって、妄想で補完しましたが大体こんな感じ!w
こういう伝説や昔話、もっと知りたいなぁ~。
またストーリー進めて見つけた時、簡単にまとめてみようと思います。
こちらも同じく、間違った解釈とかしてたら指摘くださいw

サークス人の悪者っぷりと嫌われ者っぷりは凄いですね。

Comment

2014-12-08 » ギール ... edit
ついでに言えば、サミュエルは確かかの有名な
「赤炎」ミシャスの側近だったんですよね。
(どこで出てきたか忘れちゃったので、間違ってたらごめんなさい(;´ω`))


ミシャスの暴政を打倒して、ミシャス一派をオラディアから
追放したオーセラ人に対して、恨みもあったんでしょうが……。
そんなサミュエルに心打たせたペイアオ少年は、
偉大な人物ですね。
2014-12-08 » ヘルカ ... edit
そうです、あの暴れん坊ミシャスの指揮下の将軍だそうですね。

この辺の話は省きましたが、サミュエルはセンユーリンキャッスル(バランにあるセンユーリンの樹城のことかな?)にいた、クールマンっていう種族を全滅させているそうです。
そのことを後ろめたくなったのか、ミシャスの元から脱走して、ペイアオ村付近に逃げ込んだとか。
それからは、私がまとめた話の内容、といった感じだそうです。

おまけにもうひとつエピソードw
サミュエルは第二次ドラゴン戦争で戦死しているのですが、ペイアオ村上空で戦っていたそうです。
死んだドラゴンたちが村へ落ちてこないよう、自身までも燃やしつくし村を守ったとか、クロノスや他のドラゴンの糧にされないようにしたとか言われてるそうです。

この辺も知っていると、感動が増すかもしれませんね~!

Post

管理者にだけ表示を許可する

HOME : TOP



Monthly

にほんブログ村 ゲームブログ オンラインゲームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。