ドラちゃば!

MMORPG「ドラゴンズプロフェット」のプレイヤーとその相棒ドラゴンたちによる、会話形式のブログ。 詳しくはこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第15話「ラジールの戦い」

※ストーリーの内容が含まれています。
※一部ゲームの内容とは異なる展開、異なった解釈があります。

第14話はこちら。

s-DragonsProphet_20141204_111354.jpg
あそこが地下墓地ね、行くわよフェンちゃん!

s-DragonsProphet_20141204_111516.jpg
パンナさんは先に行っているようだ。
オレたちも急いでメーティスを探そう。

s-DragonsProphet_20141204_112726.jpg
s-DragonsProphet_20141204_113135.jpg
いない・・・か。

いたのはこの巨大なドラゴンと、ゾンビだったわね。
マリグナントもいないし、ワナというわけではなかったみたいだけど・・・。

もうここにいる意味はない、外へ出て、パンナさんと合流しよう。

s-DragonsProphet_20141204_113329.jpg
あら、サバサちゃんまで・・・アタシたちを追ってきたようね。
パンナちゃんは何か収穫あったみたい?

s-DragonsProphet_20141204_113351.jpg
遅かったか・・・ラジールはウォーバートンの北にある砦って聞いたけど、ウォーバートン軍が警備しているのではないのですか?
サバサさん、何かご存知で?

s-DragonsProphet_20141204_113422.jpg
まるでラジールが狙いのような動きだ・・・目的は一体なんだ?
とにかくそこにメーティスが、そしてロッキー・ディヤークも・・・!
オレも、ラジールへ向かいます!

s-DragonsProphet_20141204_113546.jpg
話はまとまったようね、今度こそ、ロッキーの首を掻っ切ってやるわ。

まずは前線キャンプへ向かうよ。
そこに、ウォーバートン国王自ら赴き、指揮を執っているそうだ。

まさに戦争、ね。
すっかり日が暮れてしまったけれど、アンタは大丈夫?

じっとしている方が、頭がおかしくなりそうだよ。 問題ないさ。

s-DragonsProphet_20141204_114013.jpg
貴方様が、マディアイソン・ウォーバートン国王陛下であられますか。
お会いできて光栄です。 ・・・戦況はどうなっているのですか?

s-DragonsProphet_20141204_114719.jpg
ここでも裏切りが・・・。
第十隊を助けたネーキ・インストックの親族に当たるものだろうか?
シラーノという者は操られているのかもしれない。
何にしても、ラジールを奪還して、メーティスを・・・。
あ、サバサさん、マロース隊長!

s-DragonsProphet_20141204_120307.jpg
s-DragonsProphet_20141204_120428.jpg
s-DragonsProphet_20141204_120503.jpg
サバサちゃんに、スカイハンマー部隊、百戦錬磨のアタシとフェンちゃん。
裏でシャドーロウの連中も動いているみたいだし、ロッキー・ディヤークも遂にここまでね。

気がかりなのは、メーティスが無事かどうかだ・・・。
ん? ・・・サバサさん、これは・・・。

s-DragonsProphet_20141204_120506.jpg
何々、フェンちゃん何貰ったの?

・・・ちょっと着替えてくる。

え? 着替え?

s-DragonsProphet_20141204_120549.jpg
s-DragonsProphet_20141204_120611.jpg
・・・うん、サイズは大丈夫のようだ。

それ、スカイハンマー隊の制服じゃない!
・・・記憶を失う以前のアンタより、今の方が似合っているわよ。

ははは、ありがとう。 よし、オレたちも行こう。
ウォーバートン軍とともに、戦うんだ!

s-DragonsProphet_20141204_121142.jpg
s-DragonsProphet_20141204_121943.jpg
s-DragonsProphet_20141204_121539.jpg
あれがカタパルトだ。
リビアはヘビードラゴンたちと共に、カタパルトを破壊してくれ。
オレは先に進んで、シラーノ・インストックを探す!

フェンちゃんだけに任せるのは心配だけど・・・破壊したらすぐ向かうわ!

s-DragonsProphet_20141204_122344.jpg
もうだいぶ、この緊張感にも慣れてきたよ・・・。

s-DragonsProphet_20141204_122431.jpg
このマリグナントがシラーノ・・・?!
駄目だ、とてもじゃないけど話せるような状況ではない。

あ~もう見ていられない、コイツは敵よ、フェンちゃん!
裏切りなのか洗脳なのか、中身すり替わってるのか知らないけどねぇ!
黒ずくめのヤツは、全員燃やす!!
アンタは先にサバサちゃんと合流してなさい!

あ、ああ・・・わかった。

s-DragonsProphet_20141204_122633.jpg
s-DragonsProphet_20141204_122640.jpg
s-DragonsProphet_20141204_122702.jpg
ウォーバートンにも、セボフータワーにあった文献とその資料が、隠されていたとは・・・。
ロッキーにそれを盗まれたら、どんな災厄が起こるかわからない!
サバサさん、ロッキーはまだラジールにいるのですか?

s-DragonsProphet_20141204_122712.jpg
・・・今度こそ逃さないぞ、ロッキー・ディヤーク・・・!
リビア、オレたちは正面から、正々堂々と対峙するぞ!

そうこなくっちゃ!

s-DragonsProphet_20141204_122948.jpg
s-DragonsProphet_20141204_122956.jpg
s-DragonsProphet_20141204_123000.jpg
s-DragonsProphet_20141204_123002.jpg
s-DragonsProphet_20141204_123007.jpg
s-DragonsProphet_20141204_123014.jpg
ああああんもうっ!! こんなおしゃべりいらないってば!!
あのお喋りなサークス人の舌引っこ抜いて・・・フェンちゃん?

リ、リビア・・・あれ・・・。

s-DragonsProphet_20141204_123022.jpg
s-DragonsProphet_20141204_123027.jpg
s-DragonsProphet_20141204_123031.jpg
メーティス・・・。

フェンちゃん気を緩めないで!
ロッキーが逃げるわ、後を追わないと!!

s-DragonsProphet_20141204_123043.jpg
・・・!!

s-DragonsProphet_20141204_123143.jpg
s-DragonsProphet_20141204_123043x.jpg
・・・ごめん、メーティス、君を救いたかった!!

s-DragonsProphet_20141204_123308.jpg
s-DragonsProphet_20141204_123317.jpg
s-DragonsProphet_20141204_123338.jpg
・・・とりあえず、戦いは終わったわね・・・。
ロッキーは捕らえられたのかしら。

いや・・・たぶん無理だろう。
ロッキーのあの表情、勝ち誇ったかのようだった・・・。

s-DragonsProphet_20141204_123440.jpg
s-DragonsProphet_20141204_123448.jpg
フェンちゃんの言うとおり、ダメだったようね。

・・・一旦、キャンプへ戻ろう。

s-DragonsProphet_20141204_123657.jpg
・・・もったいなきお言葉です、国王陛下。

s-DragonsProphet_20141204_123737.jpg
s-DragonsProphet_20141204_123741.jpg
s-DragonsProphet_20141204_123741x.jpg
・・・そうですね。
サバサさん、オレはラーダスで何をすればいいでしょう?

s-DragonsProphet_20141204_123810.jpg
s-DragonsProphet_20141204_123827.jpg
わかりました。 アンダワルド港の総督、ポーゼさんですね。
サバサさんもお気をつけて。

・・・メーちゃんのこと、残念だったわね。

ああ・・・もっと早く探し出せていれば・・・・・・。
メーティスの、第3分隊の敵は、オレたちで討とう。

・・・そうね、このまま引き下がれないわね。 ラーダスへ向かいましょう!
(まさかプーサへ行って記憶を失うところから、こんな展開になっちゃうなんてねぇ・・・。)


プーサ編、完。
ラーダス編へ続く。



うわあああんメーティスぅぅうううう!!!
初プレイの時も結構ショックを受けた、プーサのラストでした・・・。
ロッキーは捕らえられないし、メーティスは死ぬし、なかなか報われないですね。

そしてふたたび「サイボフ」の名が出ましたね、やはりサークス人でした。
デッドドラゴンの製造はわかるのですが、龍病とはなんでしょうかね?
おそらく今後、ストーリーで出てくると思います。 ・・・だよね?
てか、セイボフだのセボフーだのサイボフだの、全部一緒だよね? 統一して欲しいです(笑)

次回から空の国「ラーダス」編です!
オーセラ人たちの故郷であり、重要な場所でもありますね。
お楽しみに~。

Comment

2014-12-31 » ギール ... edit
うわあああああん。・゚・(つД`)・゚・。
正直慣れるのに必死でプーサのストーリーは記憶に薄いのですが、
これだけはホント覚えてます……どうしてこうなった……。

※以下は私見を含みます。

前回の記事でもあった色々ですが、
サークス人:人種の一つ。機械技術や錬金術などの科学技術に秀で、第二次ドラゴン戦争の時に
クロノスと同盟を結んだため、オーセラ人およびギガドラゴンとは対立関係にある。

マリグナント:何らかの方法で「クロノスの洗礼」(血を受ける?)を受けてしまった人間。
人種を問わず強力な力を得るが、クロノスに意識を乗っ取られる。
(オーセラ人とギガドラゴンへの憎しみに支配されるってことかな)

って感じだと思ってます。

それと「龍病」ですが、これはオラディアの創世記に記述があったかと思います。
クロノスが自らの血液を媒介にして作り出した、きわめて致死性の高いウィルスであり、
アノヤーテンの一部のギガドラゴン、及びクロノス配下のバイトドラゴンを除いて、多くの生物を死に追いやったオラディア史上最悪の病です。
確かドラゴンは、オーセラ人と契約することで龍病の恐怖から逃れることができますが、
代償としてドラゴンは永遠の命を失う、って設定があったかと思います。
これはどこで見たのか忘れちゃったのですが……。そもそもドラゴンが永遠の命を持ってるかどうかから怪しいですしw


she○aさんのブログに、オラディア歴史の和訳がありますから、読んでみると面白いですよー。
(本人じゃないので一応伏せ字にしておきます(;´ω`))
2014-12-31 » ヘルカ ... edit
私もこのプーサのラスト、凄く印象的でした・・・。

基本的にマリグナントは、自分の意志を失ってクロノスに操られている状態ということですね。
それじゃあロッキー・ディアークなんかは、サークス人だけれどマリグナントではなさそうだ、好き勝手やってそう(笑)

そういえばshenaさんのブログにまとめてありましたよね!(何度も読み返してますw)
龍病と書かれたりドラゴン病と書かれていることもあったり、同じもの?だよね?と戸惑ってしまいましたw
今後語られるのかも気になるところです。覚えてないので(笑)

龍病から逃れることが出来るうんぬんの話はたしか、ギガドラゴナイトの近くにいる情報局?の人から聞けたような気がします。

Post

管理者にだけ表示を許可する

HOME : TOP



Monthly

にほんブログ村 ゲームブログ オンラインゲームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。